ヤミ金相談所|もう返すお金がない人はこちら

ヤミ金相談所|被害・トラブルの相談

ヤミ金からお金を借りてしまい、返せなくなった。
もう、ヤミ金業者に返すお金がない。

 

このような方もいることでしょう。

 

「返せない」といっても、ヤミ金業者の取立ては続くはずです。
さらに、取立てが厳しくなることでしょう。
また、イヤガラセがあるかもしれません。

 

この後、どうすればよいのでしょうか?

 

自己破産?
消費者金融などからの借り入れが多ければ、自己破産という選択肢もあります。
しかし、たとえ自己破産しても、ヤミ金の取立ては続きます。

 

夜逃げ?
私自身、20代のときに夜逃げをした経験がありますが、それこそ毎日、ビクビクしながら生活していました。
当時は独り身だったのでまだよかったのですが……。
お子さんがいたりすると大変ですよ。

 

では、どうすればいいのか?

 

私の意見としては、「司法書士か弁護士に相談する」のが一番いい方法だと思います。
ヤミ金問題の解決に実績がある、また、ヤミ金被害の相談に力を入れている司法書士か弁護士(法律事務所)に相談するのがいいでしょう。
相談だけでも、するとしないとでは全然ちがいます。

 

 

今すぐ、ヤミ金の問題を解決したい、

 

ヤミ金の取立てを止めたいと思っているのなら、

 

以下のところに相談してみてください。

 

電話でのヤミ金トラブル無料相談

東日本にお住まいの方 ⇒ ジャパンネット法務事務所 0120-758-685

公式サイト:ジャパンネット法務事務所の闇金相談はこちら

 

西日本にお住まいの方 ⇒ エストリーガルオフィス 0120-735-072

公式サイト:エストリーガルオフィスの闇金相談はこちら

 

 

 

 

 

ヤミ金被害で困ったら司法書士か弁護士に相談

ヤミ金融業者にお金を絶対に借りてはいけません。どんな人でも借りられるということで魅力的に思ってい舞うかもしれませんが、借りてしまえばその利息はどんどんふくらみお金を返しても返しきれずに字菊のような取り立てがまっているんです。そうなってしまうともう自分の手ではどうしようもありません。ヤミ金融業者は脅してお金が返ってくるのならばどんどん脅しにきてしまいます。嫌がらせのようなひどい取り立てで自分だけでなく自分の家族や親せきなど関係のある人たちにも被害がいってしまうところもヤミ金融の怖いところなんです。もしそうなってしまった場合は自分で解決できると思うわないでください。弁護士に相談することが一番いいです。ヤミ金融業者も警察に捕まりたくはないので弁護士を通して法的に対処してもらうことでしっかりと対応ができるんです。それに法外な利息をとっているヤミ金融で借りたお金は元本すらも返す必要がないんです。なので今ヤミ金融業者に返済におわれている借金はすべて支払う必要がないということになります。なので直ちに司法書士か弁護士に相談するようにしてください。

 

 

ヤミ金相談「ジャパンネット法務事務所」

お金を借りる時に安心な消費者金融で借りることができればよいのですが、社会的に信頼をなくしてしまった人や審査に通ることができない人はそういった消費者金融でお金を借りることができません。そこで審査が不要だったりと誰でもお金を借りることができてしまうヤミ金融業者に手を出してしまう人がでてきてしまうんです。ヤミ金融業者は他で審査にひっかかったり借り入れを断られたりした人でも誰でもお金を貸してくれますしすぐに借りることができてしまうんです。とても魅力的に思ってしまうかもしれませんが実はとっても危険なんです。法律で定められている以上の高い金利が重くのしかかり、返済は困難になり返済金額はどんどんふくらんでいき取り立ては日に日にひどくなっていきます。そこでジャパンネット法務事務所に相談をして解決をすることがおすすめです。ジャパンネット法務事務所はヤミ金融の被害の対応でお客様満足度98パーセント以上という驚異的な数字を誇っていますのでとても信頼できるんです。もう一人で悩まずに今すぐにでも相談してほしいと思います。

 

 

利子は最低「トイチ」。最近は「トサン」「トゴ」が当たり前に

トイチというのは10日で1割の利子が付くという意味になります。この10日で1割の利子というのはどのうような金利になるのでしょうか。
日本では貸金業者や銀行などが個人に融資を行う場合には、利息制限法という法律によって年利20%以上の金利を請求してはいけないことになっています。事業者への融資でも出資法によって年利29.2%という上限金利があります。
しかし、10日で1割という利息は、年利計算にすると365%という高金利になります。
そのため、利息制限法にも出資法にも違反することになります。正規の貸金業者であればこのような年利での貸し付けを行うことがありません。
もしトイチでの融資という業者があるとするのであれば、それは紛れもなく闇金であると考えられます。
闇金のような業者の場合には、基本的に利息計算は複利計算で行われます。
例えば100万円を借りた場合、10日後には10万円の利息が発生し残金は110万円になります。
20日後にはこの10万円の利息にも1割の利息が付き121万円が残金となります。
このような計算をしていくと、360日目、大よそ1年後には3091万円に達すると言われています。

 

 

 

ヤミ金に返済できなくなったら、どうすればよいのか?

 

返済が滞れば、取り立てが厳しくなります。
勤め先に電話が頻繁にかかってきたり、家族のところへ電話がかかってきたりします。
家族や周りの人にも迷惑をかけてしまうことでしょう。

 

ヤミ金に返済できなくなったら、闇金問題に力を入れている弁護士、または司法書士に相談してください。
以下の司法書士は闇金問題に力を入れています。相談料は無料なので、今すぐ、電話で相談しましょう。

 

 

家族がヤミ金から借りてしまったら

知った時には当然、ショックを隠しきれなくなってしまいますよね。ヤミ金に手を出す前に、自分に相談をしてほしかったと思うかもしれません。
しかし、ヤミ金からお金を借りる人は、ヤミ金だと知らずに借りてしまうという人も多いので、騙されてしまったという事もまた、借りてしまった本人のショックは大きいでしょう。
だからと言って、ヤミ金から取り立てらている違法な利息の肩代わりをする必要はありません。
家族であれば、自分のところにも取り立てに来てしまうのではないかという心配もあるかもしれませんが、利息を返済をするのなら、その前に司法書士に相談をするようにしましょう。
ヤミ金は法律に反した違法な利息を請求してきますので、しっかりと知識のある専門家にお願いをすると、すぐに取り立てを止めてもらう事ができるのです。これまで思い悩んできた日々が嘘のように、新たな再出発をすることができますので、恐喝に怯えて普段の日常を失ってしまうくらい苦しんでいる状況なら、すぐにでも司法書士に相談をするようにしましょう。
費用については、支払い方法の相談も乗ってもらえますので、分割払いや後払いも可能となっておりますので、とても良心的だと言えるのではないでしょうか。
精神的な被害に遭う前に、解決方法を探したいですね。

 

 

恐ろしい闇金

現在でもなお闇金の被害にあっている人などは多いのではないのでしょうか。
10年以上も前から世間では闇金などの被害にあわれている報道が絶えませんね。
警察などの取り締まりが厳しくなった今でもなお闇金被害者はいなくなりません。
それほど多くの闇金業者が存在するのですね。
ニュースなどを見ていると、年間被害総額数億円などと報道されており、取り締まりが厳しくなろとも儲かる商売なのできっとやめないのでしょう。
ドラマや映画などで、闇金ウシジマ君などを見た事はないでしょうか?
あの作品では闇金業者の実態や被害者達がどのように借家に苦しんでいるかなどをとても忠実に描かれておりますね。
法定金利の何十倍もの利息を取るため、借りた側は返せるわけがないのです。
闇金などにお金を借りてしまう人はきっと銀行や、消費者金融などではお金を借りられない人達ではないのでしょうか。
借りる時は非常に助かるとは思いますが、その後に待っているのは膨大な利子の返済です。
お金にいくら困っているからと言っても、闇金にだけは借りてはいけませんね。
闇金業者の実態を掴むのはとても大変な事だと思いますが、警察のほうも少しでも多く摘発してもらいたいです。
被害者を少しでも減らしてほしいですね。

 

 

ヤミ金には関わっていけない理由

ヤミ金はマンガやドラマだけで見るという存在と思っていないでしょうか。普通の人が思っているよりもヤミ金は多く存在しており、自分の周辺にも密かに確実に活動している可能性が有ります。ヤミ金の活躍が増えてきたのは2010年の貸金業法の改正によって総量規制が導入されたことにあるといわれています。総量規制ではお金を借りたくても年収の三分の一以上の借入は出来なくなってしまったために年収の低い人や専業主婦などの年収がない人は消費者金融などからの借入がかなり難しくなってしまいました。
しかし、それでもお金が必要になるときはあります。そこで、消費者金融などでもお金を借りることが出来ない人はヤミ金に走ってしまうという構図になってしまったのです。しかし消費者金融などの貸金業法に登録が必要な貸金業者はあくまで法律の枠内で営業しています。金利も上限が制限されていますし、無理な取り立てなどもできなくなってしまっています。しかし、ヤミ金はそもそも法律内の営業はしていません。金利も上限金利の20%などとはけた違いに高い金利を取っていることがほとんどです。とても普通では返済することが出来ない金利といっていいでしょう。そして一度ヤミ金に関わってしまうと抜け出すことが簡単ではありません。

 

 

ヤミ金に手を出す前に考えよう

所謂「ヤミ金」というのは、何故、金利が高いのでしょうか?通常お金を借りる銀行等の金融機関や消費者金融とかよりも高い金利でお金を借りることになります。それは、もちろん、借りる側に信用がないからです。これは、例えば、先ほどはお金を借りる先の種類を列記しましたが、同じ銀行なら銀行のなかでも金利は違ってきます。信用がある人、つまりお金を返す確率が非常に高いと思われている人は金利が安く、逆にまあ、大丈夫だろうけれども返せなくなる確率もある程度は見とかないといけないという人に対しては金利は高くなります。つまり、あなたがヤミ金でしかお金を借りれないというのは、貸す側から見ると返せなくなる確率が非常に高い人物と見られているということです。ヤミ金を利用してお金を借りるというのは、それでもどうしてもすぐにお金が必要だから、相手が例えヤミ金で金利も高くて、そして取立ても厳しいと聞いているけれども借りざるをえないということだと思います。しかし、その時に一度考えてみるべきです。信用のない自分が、今、借りようとしているお金は何のために必要なのか?そこまでしてどうしても必要なものなのか?借りなければ命の危険にさらされるのか?そこまでしっかりと考えないといけないです。お金を借りてからでは、後戻りはできません。
闇金相談所

 

 

借金体験談

自殺するなら闇金に借りようと思って

今から10年ほど前にクレジットカード地獄に陥って、借金まみれで、借金して返済して自転車操業でどうしようもなくなってました。
大手の金融会社はもうどこも融資してくれなくて、このままでは自殺するしかないって思って、自殺するなら闇金に借りようと思って震えながら電話してみました。
怪しい雑誌の裏に書いてあった所に電話してみました。愛想の悪い男性が電話口に出て、事情を話して今月の返済分だけ貸してください。ってお願いしました。
男性は、お姉ちゃんいくつ?
夜の仕事してるのか?
と聞いてきました。
正直に23歳、昼間の仕事のOLです。と伝えました。
そうしたら男性は、こんな所から金借りるもんじゃないよ。こういう所はヤミ金だよ。
返せないなら自己破産というものがあるから、お姉ちゃん人生やり直しな。
と言われました。
今思い返しても、どうしてあの時の電話の男性は私にそんな親切な事を言ってくれたのだろうと不思議でたまりません。
私なんてヤミ金の餌食になるのに絶好の人だったはずなのに。
男性のおかげで、両親に借金の事を話して自己破産の手続きをしました。
あれから10年経って結婚して子供も出来て、とても幸せに過ごしてます。
あの時のヤミ金の男性にお礼を言いたいです。

 

初めてキャッシングを利用してから多重債務に陥るまで

初めての借り入れは大手のキャッシング会社で、決め手となったのは30日間無利息サービスでした。資金を作るために、初めて5万円ほどの借り入れを申し込んだのですが、実際には5万円と限度額50万円のカードが渡され、自分のお金でもないのに余裕を持ってしまった事が多重債務に陥る始まりでした。
特に何も考えずに50万円の借り入れはあっという間に限度額いっぱいになり、毎月の返済に追われるようになりました。当時月1万円の小遣いで生活をしていたので当然足りるはずもなく、2件目のキャッシングに手を出して借金は100万円まで膨らみました。
最終的には5件から200万円の借金をすることになり、返済金額は月に8万円まで増えました。もちろん返済できるはずもなく家族にもバレてしまい私の生活は破滅へと進んでしまったのです。皆さんはこうならないように計画的に借金をして、余裕を持った生活をしてください。

 

借金の返済が大変でした

僕は18歳でお金を借りることができるようになったときにすぐお金を借りました。
最初は車の購入費として5年払いで50万円借りました。
支払いは月5000円だったと思います。古いアリストという車です。
2年もしたらその車に飽きてしまい、また新しい車を買いたくなりました。
MPVというファミリーカーです。
98万でしたが車高調を取り付けたので工賃とあわせて150万を超えていました。
この車を購入したときは子供が2人いたので、支払いが大変でしたが若さゆえに強引に買ってしまいました。
支払いは月2万、ボーナスはなかったですがボーナス払い年二回夏と冬に7万の月もありました。
これで月25000円の支払いになりましたがそれだけにとどまらず、アルミホイールを20万で購入、HDDを20万で購入。
これらを5000円で支払うことになり計3万の支払いになりました。
子供たちのミルク代、パンパース代、保育園や保険、税金などで支払いだけでもいっぱいいっぱいでした。
いまはすべて支払いも終わったのですが、子供も一人増え、子供たちも大きくなって今も苦しいです。

 

生活費などの支払いに困っていた時の借金

私は退職した時にアルバイトで生計を立てていたが、正直言って生活は大変苦しかったです。家賃や生活費で何とか生計を立てていたのが当たり前であったのです。アルバイトの仕事で携帯電話や交通費がかかる事もあって、月によっては生活は切り詰めながらも携帯電話の支払いなどに困っていたので、アルバイトとして働き始めてからすぐに借金をしました。アルバイトでの収入があったので、消費者金融を利用する時はできるだけ金利の安いところを選びました。融資を申し込んだ時には、ある程度の収入がある証明があったので、申し込みに関する審査に関しては消費者金融が通してくれました。初めての借金であったので、借金の概要を全然知らない事で消費者金融から借金から返済までの計画などを説明されました。融資を受けた額は、一ヶ月分の生活費に対して足りない分を考えて、とりあえず15万円を借り入れました。これからは時間がある時に掛け持ちをして、返済の計画を立てていく事を考えています。

 

 

多重債務者の方は相談

月々の収入に比べて支出が多くお金が回らなくなってしまったためにお金を借りることになった。
という人は多いそうです。
このような状態でお金を借り入れると、結果的に返済をしなければならないのに返済するお金がないという事態が起こります。
この返済するお金がない時にはまたお金を借りてそのお金を返済すればよい、と考えてまた他の金融機関から融資を受けてとりあえず返済をしのぐということを繰り返すことがあります。
つまり、お金を返すためにお金を借りるということを繰り返し、気が付いたらいくつもの業者から融資を受け最終的にはどこからも融資を受けることが出来ないで返済しなければならない債務だけがいくつも残ってしまうという状態にまで陥ってしまうことがあります。
この状態のことを多重債務といい、この多重債務を背負っている人のことを多重債務者といいます。
多重債務者の多くは3〜4件以上の消費者金融から少額融資をいくつも受けている人が多いそうです。
一度多重債務に陥るとなかなか債務を減らすことが出来なくなってしまうそうですので注意が必要です。

 

 

北海道|青森県|秋田県|岩手県|宮城県|山形県|福島県|東京都|神奈川|千葉県|埼玉県|茨城県|栃木県|群馬県|山梨県|福井県|石川県|富山県|新潟県|長野県|愛知県|静岡県|岐阜県|三重県|大阪府|兵庫県|京都府|和歌山|奈良県|滋賀県|広島県|岡山県|山口県|鳥取県|島根県|香川県|愛媛県|高知県|徳島県|福岡県|長崎県|熊本県|大分県|宮崎県|佐賀県|鹿児島|沖縄県